お知らせ

焼津市立豊田小学校 > お知らせ > お知らせ > やってみよう のステージに

やってみよう のステージに

いよいよ6月、正門入ってすぐのところに2年生が育てている野菜がすくすく育っています。紫や黄色の花を咲かせ、そこに雨粒がついてきれいです。これを見ると梅雨の季節になったのだなーと感じさせられます。また、豊田地区を歩くと、なし畑で黄色や赤色の袋が架けられた風景が目に飛び込んできて、夏を間近にしているのを実感させられています。

さて、学校では若木っ子の力を結集した運動会が終了し、第2ステージ『やってみよう』に入りました。先日のステージ集会(テレビ放送ですが…)で、私から『やってみよう』『挑戦してみよう』の思いを強く持って生活してほしいことを話させてもらいました。その中で新幹線の話をしました。内容は……。皆さんも観ると幸せになるという黄色の新幹線・ドクターイエローのことです。本校では月に数回見ることができます。先月半ばには、時刻にすると12時48分頃新大阪方向、下りを走行していく黄色の車体を見ました。何かいいことがあるかなと思いました。本校児童の中には鉄道のことに詳しい子がいます。その子もドクターイエローの通るおおよその時期と時刻がわかっているようでクラスの子にも知らせ見たようです。ちょつと私も興味を持ったので調べてみると一ヵ月に二回だいたい同じ時刻に通るということがわかってきました。次の通過を楽しみにしていますと話しました。

ここで子どもたちに伝えたかったことは、興味を持つ、疑問に思うことがたくさんあると『やってみよう』とか『調べてみよう』につながるということです。『好きこそものの上手なり』の通りです。10月初めまでと長いステージになります。その間には4年の潮風教室。5年の連合音楽会、6年の修学旅行、さらには夏休みがあります。子どもたちの今『やってみたい』『挑戦したい』という気持ちを大切にし、合い言葉の『気づいて うごこう』に向けて、子どもたちの伸びようとする気持ち・やる気を引き出す教育活動に日々取り組んでいきます。保護者の皆様、地域の皆様におかれましては、子どもたちの活動を認め励ましていただければ幸いです。よろしくお願いします。

20170501_doctor-yellow-may-2017IMG_1938ドクターイエロー

ページトップに戻る
Copyright © 2017 焼津市立豊田小学校 All rights reserved.